青森ねぶた祭り2022で中止のイベントは?観覧席についても

祭り
スポンサーリンク

全国的に新型コロナの感染者が増えている中で、青森ねぶた祭り2022はイベントの中止や縮小があるんでしょうか?

また、観覧席に変更はあるんでしょうか?

青森ねぶた祭り2022の気になるところについて調べてみました。

スポンサーリンク

青森ねぶた祭り2022で中止のイベントは?

2022年に3年ぶりの開催が決まった「青森ねぶた祭り」です。

2022年も新型コロナの勢いは収まるどころか第七波のまん延が懸念されます。

そんな中開催される青森ねぶた祭り2022では、中止や縮小になったイベントはあるんでしょうか?

開催日程や開催場所は

青森ねぶた祭り2022の開催日程は

  • 2022年8月2日(火)~8月7日(日)

となっています。

開催時間は

  • 8月2日・3日:19時~21時20分
  • 8月4日~6日:18時50分~21時20分
  • 8月7日:13時~15時ごろ

となっています。

ねぶたの運行ルートは

https://www.nebuta.jp/info/docs/2022Nebuta_omote2.pdf

>>トイレ表記のある運行ロードマップはこちらからDLできます。

青森ねぶた祭り2022で中止や縮小のイベント

記事執筆時点で、中止になっているイベントや変更や縮小されたイベントについてまとめました。

中止のイベント

例年、青森ねぶた祭り開幕日前日に行われていた「前夜祭」は中止になっています。

変更されたイベント

2022年はねぶたの運行方法が変更になっています。

例年は一斉にスタートしていましたが、2022年は1台ずつの順次スタートとなっています。

そのために、出発地点から離れた場所では先頭のねぶたが通過するまで少し待つようになるかもしれません。

ねぶたの運行台数は

青森ねぶた祭り2022でのねぶた運行台数は

  • 8月2日(火):子どもねぶた・担ぎねぶた5台、大型ねぶた11台
  • 8月3日(水):子どもねぶた4台、大型ねぶた11台
  • 8月4日(木):大太鼓1台・大型ねぶた13台
  • 8月5日(金):大太鼓1台・大型ねぶた17台
  • 8月6日(土):大型ねぶた17台
  • 8月7日(日):大型ねぶた13台

と発表されています。

青森ねぶた祭り2022の観覧席は?

青森ねぶた祭り2022の観覧席の配置は次のようになっています。

https://www.nebuta.jp/info/kaisai/2022nebuta.html

観覧席には有料観覧席も設けられています。

個人観覧席の設置については

https://www.nebuta.jp/info/docs/R4kojin2.pdf

個人観覧席の購入はチケットぴあで出来ます。

>> 一般発売分の観覧席券を、チケットぴあで購入するにはこちらから icon

青森ねぶた祭り2022で中止のイベントのまとめ

青森ねぶた祭り2022で中止のイベントは?観覧席や宿泊についても調べてみました。

今年の青森ねぶた祭りは8月2日(火)~7日(日)までの開催。

祭り自体は中止になっていませんが、開催日前日の前夜祭が中止になっています。

またねぶたの運行は一斉スタートから、1台ずつの順次スタートに変更になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました