大曲花火大会2022夏(全国花火競技大会)は中止?屋台についても

祭り
スポンサーリンク

春夏秋冬と四季折々に開催される大曲の花火。

その大曲の花火の夏の章は「全国花火競技大会」という位置づけです。

3年ぶりに開催される「第94回 全国花火競技大会」は、中止や規模縮小があるんでしょうか?

スポンサーリンク

大曲花火大会2022夏は中止?

大曲の花火大会2022の夏は「第94回 全国花火競技大会」となります。

「第94回 全国花火競技大会」の概要は

大曲の花火大会2022の夏の章の概要をまとめてみると

  • 大会名称:第94回 全国花火競技大会(大曲の花火)
  • 開催日:2022年8月27日(土)
  • 昼花火の部:17時15分~18時15分ごろ
  • 夜花火の部:18時50分~21時30分ごろ
  • 打上数:2万発程度
  • 観覧場所:「大曲の花火」公園(秋田県大仙市大曲雄物川河畔)
  • 開場時間:正午
  • 観覧者数:約75万人(第93回)
  • 雨天決行、荒天時は延期

となっています。

打ち上げる花火の数もすごいですが、観客数も半端ないので終了時には大混雑しそうですね。

また、昼花火と夜花火があるというのも珍しいですね。

新型コロナの感染者数

記事執筆時点での全国の新型コロナの感染者数を見てみると

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/

東北地方の感染者数に注目すると、秋田県のみかろうじて3桁にとどまっていて一番少ないと言えそうです。

とはいえ新型コロナの全国の感染者数は増える一方です。

この夏に開催を予定していた花火大会や祭でも、感染予防対策を確保できずに中止や規模縮小しているところもあります。

大曲花火大会2022夏で中止や規模縮小の可能性は?

「第94回 全国花火競技大会」の開催日までは、まだ半月以上時間があるので秋田県の新型コロナの感染者数が急増していくと中止とまでは行かないまでも、なんらかの制限や規模縮小といったことが起きる可能性は否定できません。

今後の新型コロナの感染者数の変化が気になるところです。

最新の情報については

>> 大曲の花火「全国花火競技大会」の公式ページはこちらから

>>大仙市の大曲の花火ポータルサイトはこちらから

公式サイトで最新の情報を確認しておくと良いでしょう。

大曲花火大会2022夏の屋台は?

大曲の花火「第94回 全国花火競技大会」の観覧で飲食についての注意事項を見ると

・熱中症対策のため、飲料販売のブースのみ設置します。

・会場内での食べ歩きによる感染拡大を防ぐため、出店や露店などによる食料やアルコールの販売は行いません。ただし、会場への持ち込みは可能とします。

・飲食をする際は、観覧席でのみ可能とします。歩きながらの飲食はご遠慮ください。

・飲食する際の会話は控え、黙食にご協力ください。

https://www.city.daisen.lg.jp/docs/2022072500026/

と言う記述があります。

これを見る限り観覧場所での露店(屋台)などの出店は制限されていないようですが、食べ物やアルコールの販売は制限されているようです。

露店(屋台)の出店事情

観覧場所での屋台は、食べ物やアルコールの販売は制限されているようですが会場周辺では普通に出店していそうです。

例年の露店(屋台)の出店状況を見てみると

  • 出店数:200店くらい
  • 主な出店場所:大曲花火大橋エリア付近、姫神橋エリア付近
  • 出店時間:14時半頃~22時頃

となっています。

新型コロナの影響で露店(屋台)の出店に制限が入らないといいですね。

大曲花火大会2022夏は中止のまとめ

大曲花火大会2022夏(全国花火競技大会)は中止?屋台についても調べてみました。

大曲の花火は、春・夏・秋・冬と年4回あります。

その中でも夏の章では「全国花火競技大会」という位置づけになっています。

2022年は3年ぶりに開催となっていますが、昨今の新型コロナの感染の広がりは半端ないので心配になります。

花火の観覧会場では、露店(屋台)の出店はあるものの食べ物やアルコールの販売は制限されています。

今後、コロナの感染拡大の影響で花火大会の中止や屋台の出店制限にならないことを望むばかりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました