クラブハウスの脆弱性と危険性を理解して安全に使おう

クラブハウス
スポンサーリンク

iPhonユーザーならしらない人は居ないほど普及しつつある「Clubhouse(クラブハウス)」です。

でも、クラブハウスには脆弱性も危険性もまだまだあります。

そうしたクラブハウスの脆弱性も危険性も理解した上で安全に楽しみたいと思います。

スポンサーリンク

クラブハウスの脆弱性と危険性

今までにないSNSとして一気にブレイクしたクラブハウスですが、まだリリースされて間もないアプリなので、セキュリティにおける脆弱性などにはまだまだ不安もあります。

運営会社が設立されて1年ほどの新興会社という点も不安が残る部分です。

クラブハウスを安全に楽しく使うには、まだまだ脆弱性も危険性もあるということをきちんと理解した上で楽しんでもらいたいと思います。

一般に言われている危険性

ネットや口コミで言われているクラブハウスに潜む危険性とは

  • 音声配信のみ(盗聴はあっても盗撮はない)
  • 招待詐欺が蔓延している
  • 荒らし行為がある
  • 盗み聴きがある
  • 動画配信サイト(YouTubeなど)に流されることがある

と言った問題がすでに明らかになっています。

具体的には、どういうことか調べてみました。

招待詐欺が蔓延している

クラブハウスは招待制です。

誰かに招待されない限り使えないんです。

身近の知り合いがいれば招待コードをもらえすぐ始められます。

身近にクラブハウスの利用者が居ない場合はどうすればよいか?

そこで

  • ツイッターなどのSNSで募集をかける。
  • ヤフオクなどの売買サイトで招待コードを購入する。

と言った方法で招待コードを入手する方法があります。

ところが、実際にはお金だけ取られて招待コードが手に入らないと言ったトラブルも結構多いんです。

つまりは「招待詐欺」が結構あるということです。

電話番号を相手に教える必要がある

クラブハウスでは、招待してもらうのに相手に電話番号を教えないといけないというのが問題です。

もちろん相手のことが分かっていて信頼できるなら、何ら問題ないんですけどね。

「招待詐欺」と同様に、クラブハウスを利用している知り合いが居ない場合には、見ず知らずの人に電話番号を教えないといけないというリスクがあるんです。

相手が受け取った電話番号リストを販売しちゃうとか不安になりますよね。

誹謗中傷の温床になりやすい

このことは、クラブハウスに限らずどのSNSでもあることなんですが、気軽に使える分自身の発言などについても注意しないと危ないですね。

クラブハウスは招待制だから大丈夫ということはないと理解しておくべきですね。

勧誘目的の部屋がある

クラブハウスを使い始めて、どの部屋に入ろうかという時に気をつけないといけないことがあります。

中には、宗教活動などにうまく洗脳されて勧誘されてしまうと言ったケースがすでにあるようです。

依存症に注意

クラブハウスは、生配信のみなので聞き逃しをしないように、常にクラブハウスに繋がっているという事が起きます。

これが続くと依存症にようになってしまいます。

きちんとクラブハウスをやる時間を決めておくなど、規則的に使うようにしないと依存症になりやすいので注意しましょう。

外部アプリで録音はできる

クラブハウスは生配信のみで録音はできません。

とは言っても、録音が可能な外部アプリとの併用や外部の危機での録音は可能なので、不用意な発言や個人情報を晒すなどには十分気をつけないといけません。

どこで、どのように利用されちゃうかわからないですからね。

実際クラブハウスでの会話内容がそのままユーチューブに投稿されたという事例も起きています。

偽物がいる

有名人を名乗る偽物が出始めています。

偽物と気づかないで失敗しないようにしましょうね。

クラブハウスを安全に使おう

クラブハウスは、今までのSNSとは違って有名人と直接話ができたりするアプリです。

正しく使っていることで、新たな出会いで世界が広がることも十分ありえます。

そこで、先に説明した脆弱性も危険性について、正しく理解してリスクを避けて楽しんでください。

クラブハウスの脆弱性と危険性のまとめ

クラブハウスの脆弱性と危険性を理解して安全に使う方法をまとめました。

まだ出来たばかりのアプリで、アプリ自体の脆弱性が危惧されています。

また、招待性を利用した詐欺も出ているので気をつけましょう。

この記事に書かれた脆弱性と危険性というリスクが有るということをきちんと理解した上で、楽しく使ってもらいたいと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました